プリモ・シッチ ピノ・グリージョ 2017

Primosic Pinot Grigio 2017

33222

  • Sale
  • 限定商品
  • 最短出荷

    プリモ・シッチ ピノ・グリージョ 2017

    Primosic Pinot Grigio 2017

製造元・輸入元 :
ブランド・シリーズ :
  • 商品コード : 33222
  • 化粧箱 : なし
  • アルコール度数 :14.5(%)
  • 内容量 : 750ml
  • サイズ : 2
在庫数 : 6
出荷日(目安) : 3営業日
通常価格¥3,718
¥3,542(税込)
お気に入りに追加
Share:
ガンベロロッソ誌で高い注目を集めるコッリオの生産者、プリモシッチ。
コッリオの生産者のオレンジワインはリボッラ・ジャッラで造るのが一般的ですが、現オーナーのシルヴァン・プリモシッチ氏が1988年に一度、ピノ・グリージョのオレンジワイン造りに挑戦しました。イタリアをはじめ、ヨーロッパのレストランやワインショップに販売をしましたが、リボッラ・ジャッラのオレンジワインすらあまり知られていなかった当時、その特異な味わいから販売後、得意先から大量の返品が返ってきました。以来、造らなくなってしまいましたが、その後30年近い歳月が流れます。ある日、シルヴァン・プリモシッチ氏が、かの有名なピエモンテの生産者、アンジェロ・ガヤ氏と食事の席で話していた際に、「アンジェロ・ガヤ氏は素晴らしく、ピエモンテをはじめ、象徴的なワインを多く造ったが、コッリオでも象徴的なワインに挑戦してみては?」と話していた時に、昔の挑戦を思い出し、ピノ・グリージョのオレンジワイン再び造り始めます。2015年ヴィンテージからリリースされています。
シルヴァン・プリモシッチ氏が言うには、白ワインは酸が高くタンニンが少ない。対して赤ワインは酸が低くてタンニンが多い。ワインにタンニンがあればしっかりとしたボディと熟成のポテンシャルが生まれます。ピノ・グリージョは酸が非常に少ない品種ですが、試行錯誤を重ねた結果、スキンコンタクトを約7日間行うことでピノ・グリージョのタンニンがワインにしっかり入ることがわかりました。非常にボリューム感のある熟成できる特別なワインを造ることができます。
プリモシッチではこのワインを、ピノ・グリージョ・オレンジワインと命名していますが非常に特殊な輝きのある濃いピンク色でセンセーショナルなワインに仕上がっています。生産本数も少ない貴重なワインですが、今後コッリオを代表する、特別な存在のワインになるかもしれません。
開放型オーク樽にて温度管理をせず1週間浸漬、主醗酵後、マロラクティック醗酵。オーク樽熟成 12カ月、瓶熟成:6カ月。
ピノ・グリージョを浸漬して造られるアンバーレッドのオレンジワイン。スミレやラズベリーの香りが広がり、力強く凝縮した味わいで余韻にしっかりとしたミネラル感が広がります。リュット・レゾネ
ワイン・アドヴォケイト得点:93点
商品コード : 33222
商品種別(商品カテゴリ) : ワイン
ワインオレンジワイン
ブランド・シリーズ :
化粧箱 : なし
アルコール度数 : 14.5(%)
内容量 : 750ml
原産国(国名) : イタリア共和国
産地 : フリウリ ヴェネツィア・ジューリア
ヴィンテージ : 2017(y)
ぶどう品種(ワイン) : ピノ・グリ
その他 : 2017ヴィンテージは、ピノ・グリージョの果皮から抽出された綺麗なオレンジ色が特徴的。アプリコットやオレンジピールのニュアンス、刻んだナッツや、ミネラル感が複雑さを加える。比較的アルコール度数が高いため、大ぶりのグラスで楽しむことをお勧めいたします。
輸入元・製造元 : 株式会社モトックス

よく一緒に購入されている商品

Top

0 Reviews

0 Overall rating

レビューはありません。