ザ・ウイスキー・チャンバー   

ヴィンテージ(西暦)
熟成年数
原産国(国名)

表示件数/表示順
在庫状態
価格
お探しの商品は見つかりませんでした
Top
ザ・ウイスキー・チャンバー

ザ・ウイスキー・チャンバー

The Whisky Chamber ブランドサイト オーナー「トーマス・イデ氏」から…「ザ・ウイスキー・チャンバーは私の人生の夢です。2006年に趣味であるウイスキーを職業へと変えました。ウイスキーについて研究していくうちに特にスコッチモルトウイスキーを好んで様々な物を探求し、その中でも特に80年代のシングルカスクウイスキーの力強さを知り、それがコレクションの基礎となりました。当初は珍しいウイスキーボトルを集めることに重きを置いていましたが、定期的にスコットランドを訪ねウイスキー蒸留所との繋がりが増えたことにより、カスクへの投資を始めました。私は特に蒸留所の独特の個性が強調された”典型的ではない”特別なウイスキーに注目し、また珍しい樽で実験を試みるもの大好きです。ザ・ウイスキー・チャンバー毎年春から秋に7~9種のウイスキーで様々な味わいや香り、そして多彩なスコットランドのエリアをカバーしボトリングしています。単にカスクをボトリングするだけであれば簡単ですが、状態を見極めて更に熟成をさせたり、違うものへ変更してボトリングする事が必要です。多くの人が若いウイスキーより長く熟成させたものの方が良いと考えます。しかし例えば21年のスプリングバンクは素晴らしいものですが、7~9年熟成のシングルモルトも既に優れている可能性もあります。そして香りや味わいについては長期熟成のものが必ずしも勝るわけではありません。ウイスキーの好みも若いものから長熟、スモーキーなものやフルーティ等、人によって様々です。ザ・ウイスキー・チャンバーは様々な人の好みに合うように幅広い種類をボトリングしています。」